メンズ浴衣を着る際の下着は?

メンズ浴衣を着る際の下着は?

メンズ浴衣や着物はあまり下着を身に付けないイメージが強いかもしれません。
昔は浴衣の下に襦袢と呼ばれる着物の時に着る下着のようなものを着ることが多くあったそうです。

 

ですが、やはり最近ではメンズ浴衣の下にはなにも着ないという場合が多いようです。
しかしながら絶対に着てはいけないという決まりがあるわけではありませんので、もちろん何か下に着ても大丈夫です。

 

メンズ浴衣の下であれば、Tシャツを着ているという方もいらっしゃいますね。
昔のように襦袢を着て着物風に着こなすというのもなかなかオシャレでしょう。

 

そのまま浴衣を着るのも涼しくておすすめなのですが、下に下着やTシャツを着ておくことによって汗を吸収してくれる効果があるのでベタつきが気になってしまうという方は周りに左右されずに着てみるといいと思います。

 

いくら浴衣が涼しいからといって汗をかかないわけではありませんからね。
ですが、もし着崩して着る予定であればTシャツなどは着ないほうがオシャレでしょう。