メンズ浴衣を着崩す

メンズ浴衣を着崩す

女性の場合は、浴衣を着るときに着崩れないように気を配るものですが、男性が着るメンズ浴衣はその限りではありません。

 

メンズ浴衣をかっこよく着崩すというのも着こなすことに該当します。
メンズ浴衣ならではの着こなし術ですね。

 

これは着崩すことによって着慣れているように見えるのでかっこよく見えるというもの。
ただ注意してほしいのが、ただ単純に着崩すだけでは駄目だということです。

 

帯で隠れている方が良いとされている内揚げの縫い目部分ですが、これが見えてしまうとあまりよくないようです。
ちなみに、安いメンズ浴衣の場合であればこの内揚げ部分がない場合があります。

 

内揚げがない場合はあとからサイズ調整を行うということが出来ませんが、帯がずれてしまっても内揚げが晒されてしまうことがないので着崩れを気にせずに着ることが可能でしょう。

 

基本的にこの部分だけを注意していれば崩し方にルールはありませんので、ご自分で楽な崩し方をしてみるといいかもしれません。