メンズ浴衣、帯の締め方の基本

メンズ浴衣、帯の締め方の基本

メンズ浴衣も帯を結ぶ必要があり、結び方の種類は何通りかあるというのは既に説明しましたね。
それぞれ結び方が違ってくる訳ですが、実はこのメンズ浴衣の帯の結び方はどれも基本は変わらないんです。

 

基本さえ覚えておけばどの結び方でも比較的簡単にこなすことができる事になります。

 

まず、角帯の一方を半巾に折ってください。
基本は胴の巾の位が目安になりますが、この長さは結び方によって多少変わってきます。
これだけは感覚で覚えるしかないので何度かやってみてちょうどいい長さを見つけてください。

 

次に、半分に折った角帯の一方の端が上に出るように帯巾で体に巻き付けます。
大体の場合2〜3回巻きつけてください。
その後、半巾部分を保持したまま肘を使いながら帯を締めます。

 

巻きつけた帯の余る分の長さを内側に折り返し、折り返した先端を腰に添えるように整えて下準備は完了となります。

 

基本は巾の広い方を上からとなります。
半分に折っていない方を上からなので注意してくださいね。

 

その後両手で帯のそれぞれ端を掴んだら結び目をしっかりと閉めてください。
ここまで出来ればそれぞれの結び方に派生していきます。

 

これを覚えておけばメンズ浴衣を着こなせる日も近いでしょう。