メンズ浴衣用、様々な帯の結び方

メンズ浴衣用、様々な帯の結び方

メンズ浴衣を着る際、帯の結び方というのはいくつかあります。
自分が結びやすいやり方を見つけて素敵にメンズ浴衣を着こなしましょう。

 

おそらく一番オーソドックスなのは貝の口でしょう。
よく時代劇などで見かける結び方なので、迷ったらとりあえずこれといった感じでしょうか。

 

次に職人結び、若しくは神田結びと言われる結び方。
これは解けにくい結び方なので、動き回っているとメンズ浴衣が開けやすいという方はこの結び方をするといいかもしれませんね。

 

次に片ばさみです。
この結び方は上記2つと違ってコブが出来ないのでしゃがんだり寝転んだ場合にお腹に当たらないので楽さを重視した結び方と言えるでしょう。
メンズ浴衣に限らず旅館などで浴衣を着る際にはこの結び方がいいと言えそうですね。

 

他にも一文字という結び方がありますが、これは袴を付けるときなどに結ぶやり方なのでメンズ浴衣を着るときには適さないと思います。

 

それぞれ利点などがありますのでその都度変えるですとか、結びやすいやり方で結べばいいと思います。
結び方で雰囲気も変わりますから浴衣に合う結び方をするように心掛けたいですね。